不動産を賃貸に出す際には税金がかかります。かかる税金についてや、不動産所得、必要経費の内容について。

なぜ不動産物件は3月に完成するものが多いのか
What's New
なぜ不動産物件は3月に完成するものが多いのか

不動産賃貸の所得や必要経費、税金について

土地や建物などの不動産を買う時はそれらの価格や利便性の立地の問題も大事なのですが、それだけを調べて買うことは後で相当痛い目に遭う可能性を大きくしてしまいます。そのためそれらを買う際は周辺立地をよく調べてから買わないとなりません。その周辺立地ですがどこに着眼点を置けばいいかというと1つは自然の地形に関してであります。その自然の地形に関しては背後に山が迫りすぎていない場所にすること、そして海に近すぎる場所あるいは土地が低すぎる場所に警戒するべきだということです。

これはどういうことかというと土地が低すぎる場所に関しては常に大雨や台風などで河川や用水が氾濫して床上や床下浸水の可能性を大きくするからです。また海に近すぎる土地が低い場所は高潮そして津波の被害を受けて同じような被害に遭う可能性を大きくするからです。一方山の斜面が近すぎる場所はもっと警戒しなければなりません。というのは異常気象で過去に例がないような大雨が降ってそれの被害で家ごと倒壊してしまうケースが多発しているからです。もちろん生命の危険もあるのですが、残されたのは家のローンだけということもあり得ます。そしてさらに問題なのはたとえ土砂崩れに被害に巻き込まれなかったとしても将来自分たちが逝ってその子孫代々が金銭などを相続した際にはこれら不動産も相続という可能性を大きくしてしまうからです。しかしそこに継続して住まない場合は不要になりまして売却というのが普通の流れになることが予想されますが、その手続きをしても周辺が土砂災害の危険がある地域というレッテルを張られてまったく売れないまま周辺地域は過疎化したまま一方で固定資産税を払い続ける羽目に子孫代々が陥る可能性も否定できないのです。だから自然の周辺立地はよく考えて調べる必要があるのです。