不動産の資産価値はどのように決められるでしょうか。環境と設備とどちらの充実が価値を高めるのでしょうか。

なぜ不動産物件は3月に完成するものが多いのか
What's New
なぜ不動産物件は3月に完成するものが多いのか

不動産の資産価値について

不動産物件には火災保険をかけるケースがほとんどです。特に、銀行などの金融機関で住宅ローンを組んだ場合には銀行から紹介された保険会社で加入することが多いです。火災保険にはいろいろな保障がセットでついているものが多いです。風害や水害、水漏れや落雷などです。保険の期間は様々で、1年単位のものもあれば20年30年と長い期間のものもあります。その場合、保険料は前払いで一括となります。金額は大きくなりますが、細かく分けて支払うより割安になります。

保険料を節約するとしたらどのようにしたらよいでしょうか。まずは支払いを長期で一括というほうが総支払額は少なくなるのでおすすめです。この場合補償内容をしっかりチェックしておきましょう。それから、細かい各保障についてはそれぞれ外すこともできる自分で組み立てられる保険もありますので、内容をシンプルにすれば保険料は安くなります。

地震保険に加入する人も増えましたが、入っていない人も結構多いようです。これは地震保険は保険料が高いということに加え、入っている火災保険の30%から50%の金額でしか入ることができないからです。しかし、地震が原因の火事には火災保険では下りませんが地震保険では保険がおりますので安心できます。