不動産にかける火災保険にはいろいろな種類と期間があります。保障内容を見直すと保険の節約もできます。

なぜ不動産物件は3月に完成するものが多いのか
What's New
なぜ不動産物件は3月に完成するものが多いのか

不動産にかける火災保険

不動産物件の査定を数社の不動産会社に依頼した場合、その査定金額についてかなりの差があることがあります。不動産の売却には専任媒介と一般媒介があり1社だけに任せるのが専任媒介で、数社に募集を依頼するのが一般媒介です。不動産会社の営業マンはぜひ専任媒介で受けたいと申し出るところがほとんどです。なぜなら募集を独占できるのと成約した際の手数料が大きいからです。

不動産会社の中には査定金額を3段階位に分けて提案してくるところがあります。た例えば、この物件が1ヶ月で決まるのが3000万円で3ヶ月かかるのが3500万円、1週間で決まるのが2500万円などという提案を図式でしてくるのです。しかし、時間をかけたから高値で決まるということもないので、高すぎたり低すぎる査定をする不動産会社は避けたほうが良いかもしれません。

高く査定してきた不動産会社の考えとしては、なるべく専任媒介で受けたいという気持ちの表れでもあります。低い査定をしてくる不動産会社はなるべく早く成約させたいとか、想定する顧客がいるなどという理由があるのかもしれません。もちろん、その金額でないと媒介を受けないというわけではないので、検討した結果この金額で募集してほしいという依頼をすれば良いのです。