女性が一人でマンションなどの不動産購入する人が増えています。将来的なことも含めてどのような物件を買えばよいか。

なぜ不動産物件は3月に完成するものが多いのか
What's New
なぜ不動産物件は3月に完成するものが多いのか

女性の不動産購入にふさわしい物件

女性が不動産を購入する人が増えています。一人暮らしの賃貸マンションでは味わえなかった満足感や、部屋の改装などもできるのでより仕事への励みもでき良いものですが、その不動産の購入には気を付けたい点もあります。将来的なことも考えて、どのような物件を購入した方が良いのでしょうか。

女性の一人暮らしであれば、一番重要なのは安全面です。駅からの距離や街の治安、環境などをじっくりと考えて購入する方がよいのはもちろん、将来的に資産運用ができるような物件を買うことも大切です。価格が安いからと単身者用のワンルームを購入する人もいますが、将来貸す際にローンより安くしか貸せないような物件は避けるべきです。少し価格は予算オーバーでも1LDKなどの少し広めの物件を購入するのもおすすめです。

新築物件は憧れでもありますが、中古物件にも魅力があるものがたくさんあります。比較的安く購入し、キッチンなどの水回りを自分好みにリフォームしてもいいです。何より中古マンションは価格が安いので月々のローン返済が楽になります。ただ、修繕積立金や管理費は毎月支払わなくてはなりませんので無理のないものを購入する必要があります。総戸数が少ないマンションは管理費や積立金が多い傾向もあります。