不動産の営業マンが考える良い上司のタイプはどのような人でしょうか。部下がやりがいをもって働ける上司の条件とは

なぜ不動産物件は3月に完成するものが多いのか
What's New
なぜ不動産物件は3月に完成するものが多いのか

不動産の営業マンが考える良い上司とは

不動産の営業マンはお客様相手の職業ですので色々な苦労もあります。その中で、良い上司に恵まれれば仕事も楽しくやりがいがあり毎日の張り合いも出ます。営業マンが考える良い上司のタイプはどのような上司なのでしょうか。まずは尊敬できる知識と経験です。売主や大家さんから信頼を受けており紹介客やリピーターも多く指名での仕事の多い上司です。そして、仕事を独り占めせずに部下に仕事をうまく譲り、手柄を部下のものにしてくれる上司です。

不動産の営業マンは厳しい売上目標が課せられていることが多いです。良い上司は目標設定が的確です。目標が高すぎるとやる気がなくなりますし、低い目標ではチーム全体の売上が低くなってしまいます。もう少しがんばれば達成できそうだという目標を掲げ、それに向かって様々なアドバイスや提案をしてくれる上司が良いです。また、お客さん相手の仕事なのでお客さんから怒られてしまうこともあります。その際には放置せずに一緒になって謝ってくれたり状況を改善するアドバイスをくれたりフォローしてくれる上司がいれば部下も安心して仕事ができます。

良い上司は話だけでなく、実際の行動も手本になります。仕事は誰よりも一生懸命やり、常にチームの効率を上げることを考えたり、皆がやりがいある職場でいかに楽しく働けるようにどのようにしたら良いか常に考えて行動しています。一番に考えているのがお客さんの為にいかに動けるかということです。お客さんとの信頼が強固になれば会社の業績も上がるので給料面などでの改善もすることができ部下も結果的に喜ぶことになるのです。