不動産の中でも土地探しは大変と言われています。人気の土地の種類を良く確認して納得のいく土地購入について

なぜ不動産物件は3月に完成するものが多いのか
What's New
なぜ不動産物件は3月に完成するものが多いのか

不動産で人気のある土地を購入する

不動産の中でも、土地の購入は難しいと言われています。しかし、土地から探して好みの建物を建てる喜びは大変だからこそさらに大きく味わえるものです。人気のある土地はどのようなものなのでしょうか。まず、土地の場所ですが第一種低層住居専用地域が人気あります。これは高い建物や工場などを建てることができない地域のことで静かな環境を得ることができます。次に前面道路が適度に広く南に面している土地に人気があります。道路は狭くてもよくありませんが、広すぎても交通量などを気にしなくてはなりません。できればきちんとした歩道があり適度な広さがおすすめです。

土地の形にも人気の差があります。やはり整った整形地でなるべく間口が広いものがおすすめです。せっかく南面に道路があっても間口が狭くては日当たりが十分とはいえません。奥に細長い土地ではなく横に広めの土地が良い土地と言われています。面積は120平米以上が良いと言われています。家をゆったり建て、小さいながらも庭と駐車場や駐輪スペースは確保したいものです。最後に土地に建築条件がついていないことです。建築条件がついている土地は建設会社が決まっていたりプランに条件があるので自由に建てることができないからです。

できれば土地は角地だと良いです。角地でないと両隣に家がありますが角地であれば一方だけなので隣家と接近している部分に駐車スペースを置くなど工夫もできるからです。あと見落としがちなのが、電柱の位置やゴミ置き場などです。せっかく家を建てたのに目の前がゴミ置き場ではがっかりしてしまいます。電柱なども視界を遮るものとなるのでしっかりと確認しておいた方がよさそうです。