不動産を購入する時に知っておくとよい公的な制度があります。エコポイントや税金が得になる制度などについて

なぜ不動産物件は3月に完成するものが多いのか
What's New
なぜ不動産物件は3月に完成するものが多いのか

不動産を購入する時知っておくとよい公的な制度

不動産を購入する時に知っておくとよい公的な制度があります。エコポイントがもらえる復興支援住宅エコポイントは、断熱性能や省エネの設備が基準を満たしているマンションを購入した場合、エコポイントがもらえるものです。また税金がお得になる制度としては、建物の耐久性、維持管理等が一定の基準を満たすものならば長期優良住宅の認定を受けることができます。購入する際の税金がお得になったり、住宅ローンの控除額が上がります。

住宅を購入する場合、新築であれば引き渡しから10年間建物の外壁、柱などの基本的な構造部分に何か問題があれば無料で修理を受けられる住宅瑕疵担保責任保険というものがあります。これは売主が加入するもので法律で加入を義務付けているものなので新築を購入する人にとっては大変安心な制度になります。

また、自治体の環境性能表示制度というものがあります。こちらはマンションの環境性能に自治体ごとの基準が制定されていてその基準に沿って評価される制度になります。省エネ、耐久性、緑化などのランク付けが建物についていて数値やマークなどで分かりやすいようにホームページや広告で表示するものが増えており、購入する側にとって安心材料の一つになってます。