不動産会社には宅地建物取引主任者が複数います。宅地建物取引主任者とはどのような資格なのか、どのような役割なのか

なぜ不動産物件は3月に完成するものが多いのか
What's New
なぜ不動産物件は3月に完成するものが多いのか

不動産会社の宅地建物取引主任者

不動産の買い替えにはタイミングがとても重要になります。自宅などの買い替えを決めたらまず資金繰りについてしっかり考えておく必要があります。現在のローンの残額、売却した金額でローンの残債を支払えるか、その場合余剰金はあるのか、現在の貯蓄額などを把握しておきます。自己資金などに余裕がある場合には物件を探して購入してから自宅を売却するという段取りも踏めますが、一般的には売る、買うというのが同時のタイミングが理想とされています。しかしそのようなラッキーな例は少ないと言えます。

資金にあまりゆとりがない場合にはまず自宅を売る段取りを整えてから買う方を探すのが良いです。自宅が購入した時からかなり下がってしまっているかもしれませんし、売りにくい物件だというケースもあります。まずは不動産会社へ相談し、自宅を売って新しい物件を購入したい旨をきちんと伝え計画を一緒に立ててもらうのも良い方法になります。自分自身は買い替えは初めてでも、不動産会社の担当者にとっては買い替えのお客様も多いので知識と経験があるのです。

同じ担当者に自宅を売って新しく購入するという二つのことを担当してもらうのと、別々の不動産会社に依頼するのではどちらが良いのでしょうか。何か理由がない限り、同じ不動産会社へ依頼する方がスムーズに進む傾向があります。ローンを組む場合など同じ担当者の方がやりやすく、融通をきかせてもらえるということも多いのです。