不動産物件の買い替えは売ると買うのタイミングが大変重要です。資金に余裕がある場合には買うことを先行できます。

なぜ不動産物件は3月に完成するものが多いのか
What's New
なぜ不動産物件は3月に完成するものが多いのか

不動産物件の買い替え

住んでいる賃貸マンションのポストなどに不動産物件のチラシが入っているのを目にします。そのチラシには今の家賃と同額位のローンで支払えるなどうたった新築分譲マンションの素敵な写真があり、女性の一人暮らしの人にとって分譲マンションの購入を考えるきっかけにもなっているようです。例えば家賃を月々8万円程度支払っている場合には2000万円台の分譲マンションのローンを組むことが可能と考えられます。そうすると今住んでいる賃貸マンションの設備や広さよりも優れた分譲マンションに住めることが分かります。

しかし、家賃とローン返済額が同じ位だからと言って安易に不動産を購入せず、かかる様々な費用をしっかりと把握し確認してから不動産を購入した方が後々楽になります。まず、ローンを組むときにはローンの諸費用がかかります。火災保険などにも加入しなければなりません。また、不動産の取得税などもあります。毎年支払うものとして固定資産税があり、現在は新築購入してから数年間は軽減措置もありますが軽減期間を過ぎると満額を支払わなくてはなりません。

マンションを購入した場合には月々支払うものもあります。マンションの管理費や修繕積立金などは必ず毎月支払わなくてはなりません。また、駐車場や駐輪場、自治会費なども発生します。特に修繕積立金などは一般的に5年毎に見直しがあり値上がりすることが普通なので将来的にも見通して資金計画を立ててから購入する物件の価格などを考えると良いでしょう。