高層マンションに注目が集まっていますが、不動産物件の中でも低層マンションを購入するメリット

なぜ不動産物件は3月に完成するものが多いのか
What's New
なぜ不動産物件は3月に完成するものが多いのか

低層マンションの不動産購入のメリット

不動産を相続する際には登記の手続きをする必要があります。不動産を誰が相続するかどうか決めるのは相続人全員で決める必要があります。全員が会って決める必要はなく電話やメールなどでも大丈夫だそうです。全員で話し合うことを遺産分割協議と言います。遺産分割協議が成立したら遺産分割協議書というものを作成します。書式に決まりはないのですが、相続人全員で承諾したということと、不動産物件の登記事項を書き写すようにします。遺産分割協議書は間違いのないように作成することが大切です。

その後、法務局にて相続登記申請書を提出します。申請書はひな形があるのですが、一から自分で作成する必要がありますのでA4の用紙にパソコンなどで作成します。分からないところがあった場合には法務局に無料相談の窓口もありますので申請書を持って聞きに行くこともできます。相談だけでしたら相続不動産がある法務局でなくても自宅の最寄りのところに行けば大丈夫です。申請には管轄の法務局に行く必要があります。申請書を提出してから1〜2週間で登記証が出来上がります。新しい登記証を受け取ったら手続きが完了したことになります。

相続はスムーズにいくことも多いですが、遺産分割の協議が長引く場合があったり、相続人が提出する書類を集めるのに時間がかかってしまうこともあります。