駐車場経営による不動産の有効活用は個人で長期的な管理ができますし、追加資金が必要ありませんので非常に楽です。

なぜ不動産物件は3月に完成するものが多いのか
What's New
なぜ不動産物件は3月に完成するものが多いのか

駐車場による不動産の有効活用

シニア世代は、第二の人生を謳歌してはいるけれど将来的にとても不安を抱えている人も多い世代です。特に介護や相続で子供たちに迷惑を掛けたくないと考えるシニアも多いのです。家は子供が多くても住めるような郊外の一戸建ですが、バスを使わないと最寄りの駅に行けなかったり買い物が不便ですと気になります。子供たちは都心に住んでいたりするとなかなか会うことも億劫になりがちです。将来一戸建てを子供に相続しても誰も住んでくれず売ることになってしまうことを考えたら、便利な場所にマンションに買い替えても良いと感じます。

そこで、買い物も交通も便利な都心に近い場所で不動産を購入することを考えるシニア世代が最近増加しているそうです。その不動産はやはり便利な新しめのマンションが人気だそうです。新しめのマンションですとセキュリティーがしっかりしていて安心ですし、床の段差もなくお掃除も楽そうです。また、お風呂やキッチンまわりの設備も新しいので快適に暮らすことができます。多少自分の部屋は狭くても、眺めの良い素敵なゲストルームなどがあれば子供たちも泊まりにきてくれそうです。

今まで住んでいた一戸建ては思い出もたくさんありますが、思い切って色々なものを処分するのもやっておきたいことの一つです。子供とワイワイと話しながら家を整理するのも良いでしょう。小さなころの写真などをこの機会に子供たちに分けてしまうのも有効な方法です。そして、今度新しい生活で便利になったらさらに色々とアクティブに生活できそうですし、子供たちや孫との交流の機会も増えそうです。